故意のものとそうでないもの|現状回復をするならプロに依頼|借りた時の状態になる
作業者

現状回復をするならプロに依頼|借りた時の状態になる

故意のものとそうでないもの

電動工具

借りた部屋を明け渡す時には、原状復帰をしなくてはならないものが多くありますが、実は支払い義務が無いものもあるので、知っておくといいでしょう。例えば、画鋲の後は誰が暮らしても起こることですので、家賃や敷金から引かれる可能性があるのです。他にも、故意で気づ付けたものでない限り原状復帰にかかる費用を払う必要は無いと法律で定められているので、不用な請求をされた場合は、泣き寝入りすること無く堂々と意見を述べてもいいでしょう。それでも、不当な要求をされるのであれば、裁判などの法的手段を取ることもできます。このようなトラブルを起こさないためにも、借りた部屋は日頃から丁寧に扱うようにするといいでしょう。仕事の都合などで引っ越す可能性があると予め想定しておくといいかもしれません。

反対に、原状復帰で故意とされているのが、家具を移動させる際に起こる傷や、猫や犬などのペットを飼育した際に壁に残った傷や臭いは借主が費用を負担しなければなりません。特に、動物は予想外の動きをしますから、狭いクローゼットの中や冷蔵庫の上に登ることもしばしばあることでしょう。そうすると、そこに毛や臭いが付着して、次に住む方が動物嫌いな場合、住めなくなるので空室ができてしまいます。そうなってしまうと、大家さんや賃貸業者が赤字になってしまうので、請求された費用は全額借りた方が支払わなければならないので、注意しておきましょう。また、ペット可物件であっても幾らか請求されることがあるので、躾ができる動物であれば躾をきちんとし、できないならケージに入れて飼育するなど対策を考えておくのが得策です。そうすることによって、原状復帰をする際に起こるトラブルを防ぐことができるようになるでしょう。